講座案内
特別講座
原子力発電をめぐる現状と対応

労働講座
『資本論』を読む
現代哲学としての『エチカ』
欲望の政治
現代社会とトロツキー永続革命論
都市の精神史――ベンヤミンの視点に添いつつ
吉本隆明『心的現象論』を読む
共同幻想論と今
『政治の現象学あるいはアジテーターの遍歴史』を読む
部落講座 ― 星座の会
いのちの思想家・安藤昌益
日本の近現代史を考える
日本の「近代化」と天皇制
朗読講座
哲学思想カフェ
シリーズ『わが著書を語る』
乱鬼龍の川柳講座
安藤昌益原典講読会
■昌益研究史を辿る会
ジル・ドゥルーズ研究会
関西労働学校
ワーキングスクールアソシエ

労働講座
 ー反失業労働運動の戦略・政策を考える



仲村実◎加藤一◎柳充 ほか

(全5回・第4土曜日、18時〜20時)[9月24日開講]

 昨年度の労働講座では、戦後の反失業闘争の教訓や国際的な反失業闘争について学びました。現代日本での反失業労働運動の現状では、多くの失業労働者が生み出されているにもかかわらず、失業者、野宿労働者など現場での反失業闘争を闘う諸団体と既存の労働組合との連携と組織的な結びつきは余り進んでいないといえる。戦後の反失業闘争においては、労働組合が強くまた、政治の面では、政党(日本社会党と日本共産党)が大きな影響力を示したことなどもあり、大きな闘いとなった。この点、現在、労働組合運動が大きく後退した中で、反失業闘争も困難を強いられている。しかし、フランスでの反失業闘争は、反失業闘争の団体と労働組合との連帯と結合が発展してきた。
 現在、長期失業者が増えてきている。従って、現在の反失業闘争《@地方自治体に失業対策事業の発注をさせる運動、A「失業者は生活保護を取り、求職活動や病気を治そう!」の現実的対処、最後のセイフティネット生活保護の獲得支援、B自力の労働者派遣事業・仕事作り運動、派遣労働事業に対抗する労働組合の労働者供給事業活動など》を更に発展させて行かなければならない。この場合、当面、労働者派遣法の抜本改正、有期契約の原則廃止などの闘いや、自治体下の委託・下請・請負労働者などの公契約条例制定運動、更には、正社員の削減と闘う正規労働者の闘いと連帯して行くなど、反失業闘争を全社会的な課題として行かなければならない。
 この間の労働者の貧困と自殺者などの増大は、日本国憲法で規定した人間の「生存権」「労働権」そのものの存在が問われることになった。同時に、この間、現在の資本制的生産の在り方や軍事技術を利用した先端技術の発展は、現場の労働者の労働を細分化し、どのような物を作っているのかを分からなくし、労働の意味を喪失させ、更に、市場原理の競争により労働者が分断されている。原子力発電では、東日本大震災により福島原発事故が発生し、人間の生存と生物の住める地球環境を破壊し地域社会を壊滅させ、取り返しのつかない危機的な状況を生み出している。
 今や、根本的な資本主義への批判が問われている。とともに、主体的に言えば、これらの生産活動には、私達労働者が携わり担っている。その意味で、労働の在り方が根本的に問われ、もうひとつの別の生産活動の在り方を担う新たな社会の形成と理念が問われている。
 今年度は、現場の労働者の手で、また、学者・文化人とともにこのような方向で講座を進めていきたいと考えていますので、ご協力の程を宜しくお願い致します。

(2011年)
[1]( 9月24日) 現代反失業闘争の現状と方向(1)
[2](10月22日) 現代反失業闘争の現状と方向(2)
[3](11月26日) 

(2012年)
[4]( 1月28日) 
[5]( 2月25日) 


◎講師◎
仲村 実(なかむら・みのる)
(NPO非正規労働者のための協働センター代表、管理職ユニオン・関西)

加藤 一(かとう・はじめ)
(三多摩自由労働者組合)

柳  充(なかむら・みのる)
(連帯労組関西地区生コン支部副委員長)(予定)ほか