講座案内
特別講座
原子力発電をめぐる現状と対応

労働講座
『資本論』を読む
現代哲学としての『エチカ』
欲望の政治
現代社会とトロツキー永続革命論
都市の精神史――ベンヤミンの視点に添いつつ
吉本隆明『心的現象論』を読む
共同幻想論と今
『政治の現象学あるいはアジテーターの遍歴史』を読む
部落講座 ― 星座の会
いのちの思想家・安藤昌益
日本の近現代史を考える
日本の「近代化」と天皇制
朗読講座
哲学思想カフェ
シリーズ『わが著書を語る』
乱鬼龍の川柳講座
安藤昌益原典講読会
昌益研究史を辿る会
ジル・ドゥルーズ研究会
関西労働学校
ワーキングスクールアソシエ

 

欲望の政治
  ――ジル・ドゥルーズ、フェリックス・ガタリ『政治と精神分析』を読む


宇波 彰

(全10回・最終金曜日、19時〜21時)[5月27日開講]

 現代社会の政治性の分析を行う場合、ひとびとの欲望の次元を考慮に入れ、政治に精神分析を導入しなければならない。そのためには、精神分析という学問の政治性の次元を反省的に捉え返す思想的で理論的な作業が、同時に必要となる。政治に精神分析を導入し、また、精神分析に政治を導入することによって、《政治と精神分析》に対する《批判》を同時に遂行して《新たな政治》を構想するというテーマは、ドゥルーズとガタリの『アンチ・オイディプス』から『千のプラトー』へと至る『資本主義と分裂症』の思想的で理論的な営みを根底から支えている。ドゥルーズとガタリ共著『政治と精神分析』は、『資本主義と分裂症』を解読するための導入の位置を持つとともに、現代社会の政治性のあり方を踏まえたうえで、新たな政治を構想するための手がかりを与えてくれる。本講座は、この《新たな政治》を探究する試みである。今年度は、『政治と精神分析』の日本語訳を逐次的に読み解読する。

【テキスト】
ジル・ドゥルーズ、フェリックス・ガタリ共著『政治と精神分析』(杉村昌昭訳、法政大学出版局、1994年)。必要に応じて適宜、フランス語原典を参照し、プリント教材なども使用する。


(2011年)
[1](5月27日)
[2](6月24日)
[3](7月29日)
[4](9月30日)
[5](10月28日)
[6](11月25日)
[7](12月23日[変則])

(2012年)
[8](1月27日)
[9](2月24日)
[10](3月30日)


◎講師◎
宇波 彰(うなみ・あきら)

(評論家 )
専攻:哲学・記号論
著書・論文:『記号的理性批判―――批判的知性の構築に向けて』(御茶の水書房、2007年)、『力としての現代思想―――崇高から不気味なものへ』(増補改訂版、論創社、2007年)、『記号論の思想』(講談社学術文庫、1995年、講談社)、『誘惑するオブジェ――時代精神としてのデザイン』(紀伊国屋書店、1991年)