講座案内
特別講座
原子力発電をめぐる現状と対応

労働講座
『資本論』を読む
現代哲学としての『エチカ』
欲望の政治
現代社会とトロツキー永続革命論
都市の精神史――ベンヤミンの視点に添いつつ
吉本隆明『心的現象論』を読む
共同幻想論と今
『政治の現象学あるいはアジテーターの遍歴史』を読む
部落講座 ― 星座の会
いのちの思想家・安藤昌益
日本の近現代史を考える
日本の「近代化」と天皇制
朗読講座
哲学思想カフェ
シリーズ『わが著書を語る』
乱鬼龍の川柳講座
安藤昌益原典講読会
昌益研究史を辿る会
ジル・ドゥルーズ研究会
関西労働学校
ワーキングスクールアソシエ

■いのちの思想家・安藤昌益
  ―自然の世へ向けて 


石渡博明

(全10回・第4水曜日 19時〜21時)[5月25日開講]

「9・11以後」という言葉があるように、私たちは今、「3・11以後」を生きている。そうした時、「天災は人災である」と喝破した安藤昌益の自然観・社会観が想起される。安藤昌益は、封建制度を徹底的に批判した江戸時代唯一の思想家として知られるが、近年は、単なる封建制度の批判者に止まらず、宇宙を一大生命体と見る壮大な世界観を創造した「いのちの思想家」「東アジア最大の民衆思想家」としての評価を獲得しつつある。主著『自然真営道』を通して後世の私たちに託されたメッセージは、現代平和学の定礎者、ヨハン・ガルトゥングの平和論と並ぶ世界史上のテキストとして、21世紀にこそ再読されるべきであると評価されてきている。「3・11以後」という時代状況を踏まえつつ、安藤昌益に代表される伝統農民の世界観、農を基軸とした世直しの意味を、昌益の原典を介して再考してみたい。3期目となる今期は2期の実績を踏まえ、よりトータルな入門講座としたい。

(2011年)
[1]( 5月25日) オリエンテーション(安藤昌益の生涯と主要著作、研究史)
[2]( 6月22日) 時代背景(太平の世と搾取・支配・飢饉)
[3]( 7月27日) 江戸期−近世の思想世界(中世と近代の架け橋として)
[4]( 9月28日) 伝統思想批判(仏教批判・儒教批判・神道批判)
[5](10月26日) 伝統思想批判(医学・自然哲学批判)
[6](11月23日) 安藤昌益の自然観
[7](12月21日[変則]) 安藤昌益の人間観・男女観・労働観

(2012年)
[8]( 1月25日)  安藤昌益の人間観・医学論
[9]( 2月22日)  安藤昌益の社会観・地理観・歴史観
[10]( 3月28日) 安藤昌益の世直し論

[特別講座:講座のない8月には、2泊3日で昌益ゆかりの大館・八戸へ研修旅行を企画したい。]
【テキスト】安藤昌益研究会編著『安藤昌益全集』(農山漁村文化協会)、石渡博明『安藤昌益の世界』(草思社)


◎講師◎
石渡博明(いしわた・ひろあき)

(安藤昌益の会事務局長)
共編著:
『安藤昌益全集』農山漁村文化協会1982年〜1987年)
『甦る!安藤昌益』(社会評論社、1988年)
『日本アンソロジー 安藤昌益』(光芒社、2002年)
編著:
『民の理』(社会評論社、1990年)
『昌益研究かけある記』(社会評論社、2003年)
『安藤昌益―人と思想と千住宿』(安藤昌益と千住宿の関係を調べる会、2004年)
『安藤昌益の世界』(草思社、2007年)