講座案内
特別講座
原子力発電をめぐる現状と対応

労働講座
『資本論』を読む
現代哲学としての『エチカ』
欲望の政治
現代社会とトロツキー永続革命論
都市の精神史――ベンヤミンの視点に添いつつ
吉本隆明『心的現象論』を読む
共同幻想論と今
『政治の現象学あるいはアジテーターの遍歴史』を読む
部落講座 ― 星座の会
いのちの思想家・安藤昌益
日本の近現代史を考える
日本の「近代化」と天皇制
朗読講座
哲学思想カフェ
シリーズ『わが著書を語る』
乱鬼龍の川柳講座
安藤昌益原典講読会
■昌益研究史を辿る会
ジル・ドゥルーズ研究会
関西労働学校
ワーキングスクールアソシエ

 

シリーズ『わが著書を語る』


(全10回、第4火曜日、19時〜21時)[5月24日開講]

【シリーズ開講日程】
[第6回]( 5月24日)
[第7回]( 6月28日)
[第8回]( 7月26日)
[第9回]( 9月27日)
[第10回](10月25日)
[第11回](11月22日)
(2012年)
[第12回]( 1月24日)
[第13回]( 2月28日)
[第14回]( 3月27日)

第6回 2011年5月24日
西角純志著『移動する理論―ルカーチの思想』(2011年、御茶の水書房)

 ハンガリーの裕福なユダヤ系の家庭に育った演劇青年ルカーチは、何故、マルクス主義に転回=移動していったのか。本書では、ルカーチの思想形成過程をエドワード・W・サイードによって概念化された「移動する理論」として捉え返す。

西角純志 (にしかど・じゅんじ)
(専修大学経済学部兼任講師)
略歴:1965年山口県生まれ。中央大学経済学部卒業。東海大学大学院文学研究科(文明研究専攻)博士課程単位取得退学。ドイツ・ベルリン・フンボルト大学短期留学(東海大派遣留学生)。ハンガリー・ブダペスト・ルカーチ文書館にて研究滞在。元チェコ・ブルノ・マサリク大学客員研究員(1996−1997)。元山口県熊毛町同和教育推進委員(1993−1995)。


第7回 2011年6月28日
高橋順一著『吉本隆明と親鸞』(2011年、社会評論社)

 『最後の親鸞』を読みながら感じるのは、この世に生をうけるということはなんと辛く哀しく重いことなのかという嘆息にも似た思いであり、にもかかわらず決して失われることのない、失われてはならない「生きる」ことへの意志、勇気、そしてそこからしかみえてこない真の意味での自由、自立のかけがえのなさ、尊さの自覚である。
 今私たちは東日本大震災のもたらした未曾有の惨状と多くの死者、被災者を前にして言葉を失い自分たちの無力と罪責の思いに打ちひしがれてしまっている。生き残った被災者もまた死者に対して生き残ったことへの深い罪責感を感じているだろう。親鸞の思想はそうした状況に対してなにか積極的な指針をもたらすものではないかもしれない。だが、親鸞の思想以上にこの無力や罪責感を丸ごと包んでくれる思想は存在しない。 (著者・あとがき)

高橋順一 (たかはし・じゅんいち)
(早稲田大学教育・総合科学学術院教授、「変革のアソシエ」共同代表、『情況』編集委員)
(2010年4月から一年間ライプツィヒ大学東アジア研究所客員教授)
専攻:思想史
1950年宮城県生まれ。立教大学文学部ドイツ文学科卒業。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了。
主要著作は『市民社会の弁証法』(弘文堂)、『ヴァルター・ベンヤミン』(講談社現
代新書)、『響きと思考のあいだ――リヒャルト・ヴァーグナーと一九世紀近代』(青弓社)、『戦争と暴力の系譜学』(実践社)、『ヴァルター・ベンヤミン解読』(社会評論社)、『ニーチェ事典』(共編著 弘文堂)ほか。翻訳にベンヤミン『パサージュ論』(全5巻、共訳、岩波現代文庫)、アドルノ『ヴァーグナー試論』(作品社近刊)がある。


第8回 2011年7月26日
東條榮喜著『互性循環世界像の成立―安藤昌益の全思想環系』(2011年、御茶の水書房)

 本書は昌益の思想方面を集中的に、しかもその全分野を対象にして、その特徴と内在論理性を明らかにするべく、しかも整理された認識として示すことを目標として纏められた。
 これまでの昌益思想研究では、一部に昌益の原意から離れて、著者の恣意的な解釈で昌益がまるで正反対の思想家であるかのように記述される、といった事態も起こっている。例えば一方に昌益を世界に先駆的な平等思想家として高く評価する研究者がいれば、それと正反対に昌益を差別思想家だと論断する研究者が現れたり、昌益の社会思想に「自然世」への過渡社会構想を認める狩野亨吉氏以来の見解を否定して、昌益をユートピア思想家だと論じるなどの動向があった。こうした極端な食い違いを正すには、何よりも原典を克明に読み、しかも著作全体を通じてその内在論理性を明らかにすることが不可欠であり、そうすることによって、多くの誤解や恣意的解釈を一つ一つ無くして行くことが望ましい。 (「まえがき」)

東條榮喜 (とうじょう・えいき)
 略歴:1943年新潟県生まれ。東京理科大学理学部卒。
 東京大学原子核研究所、高エネルギー加速器研究機構で加速器・イオン源開発の職務に従事し、2006年定年退職。現職当時から科学史研究・安藤昌益研究も手がけてきた。昌益思想の研究とその内発的展開を目指して、2000年から不定期通信誌「互生共環」を編集発行し、現在までに32号を継続。
 主要著書:『物理学史研究』(共著、東海大学出版会)、『中国物理論史の伝統』(海鳴社)、『安藤昌益 日本・中国共同研究』(共著、農文協)、『安藤昌益の『自然正世』論』(農文協)など。


第9回 2011年9月27日
高橋一行著『所有論』(2010年、御茶の水書房)

 2002年に、私はボン大学応用数学科内に設置された複雑系研究所に籍をおいて、
数理政治学の研究を試みていた。その中で、ネットワーク理論に出会い、資本主義社
会における貨幣の変動と現代諸国家の持つ権力の偏りから生じる暴落や戦争を防ぐに
は、複合貨幣の導入と、それを管轄するネットワークとしての世界政府が必要だとい
う知見を得ていた。それをいくつかの国際学会で発表をし、参加者と議論を積み重
ね、いよいよ本を一冊出したいと思うようになった。同時に、長い間関わってきた、
地元葛飾での教育運動の反省から、2004年に、『教育参加――学校を変えるため
の政治学』を書き、さらにその続編を用意しようと思い、地域貨幣の導入と、それを
活用した、教育と福祉に特化した地方政府論を展開したいと考えていた。それらはそ
れぞれ、英語と邦語とで本にする予定だが、その結論は、この『所有論』とつなが
る。つまり、現代資本主義とそれを支える現代国家の持つ矛盾を克服する具体的な方
法の提言が、そこで得られ、それを以て、同時に、所有論の結論とすることもでき
る。それは資本主義の無条件の肯定でもなければ、社会主義の待望論でもなく、かつ
両者に対する失望に終わるものでもない。その三者の次に来る、情報化社会の所有論
である。

 大雑把に言えば、以上の見通しで、『所有論』を書いてきた。どの章、どの節から読
んで頂いても良いと思う。

高橋一行 (たかはし・かずゆき)
(明治大学教授)
1959年東京生まれ。早稲田大学第一文学部(美術史)、東京都立大学理学部(物理学)、明治大学大学院政治経済研究科(政治学)で学ぶ。
著書:『ホツプスからヘーゲルへ――全体論の可能性』(信山社、2001年)、
『教育参加――学校を変えるための政治学』(新読書社、2004年)


第10回 2011年10月25日
清家竜介著 『交換と主体化―社会的交換から見た個人と社会』(2011年、御茶の水書房)

 本書は、この「交換する動物」としての人間が、「贈与(互酬)」「等価交換」「資本制交換」「再配分」という複数の社会的交換形式を担うことによって、それぞれの交換形式によって規定された人格や主体性の在り方と、社会的な共同性の在り方を生み出していることを論じるものである。
 このように交換形式を分類するにあたって、贈与や互酬制をたんなる前近代的な過去の遺制、あるいは未開社会の遅れた習俗ではないかと思われる方もあろう。だが贈与や互酬制は、たんなる過去の遺制でもないし、未開社会の習俗であるのではない。それは今もなお、休みなく不断に機能しつつけている生きられた社会過程にほかならない。
 例えば、レベッカ・ソルニットの『災害ユートピア』でも述べられていたように、災害などの危機に際して、贈与や互酬制という互助的な交換形式の層が劇的なかたちでたち現われる。実際にわれわれは、東日本大震災に際して、互助的な交換形式の層の出現に立ちあった。この未曾有の惨事に際して、今もなお多くの人びとが、災害ボランティアや募金などの有形無形の献身を行っている。われわれは、大規模な贈与の精神が立ち上がるのをまざまざと体験しているのである。
 先ごろ大変御世話になっている国際政治学者の方が「今後、東日本大震災や原発震災について語ることのできない思想は、もはやなんの役にも立ちはしない」といわれたのを耳にした。まさにそうであろうと、わたしも胸の内で深く同意した。

 本書は、東日本大震災以前に書いた学位論文を加筆・修正したものである。学位論文の加筆と修正を最小限に留めたこともあり、はしがき以外では、震災について一切触れていない。今はただ本書が、戦後日本が直面する未曾有の危機においても通用する内容となっていることを切に願うばかりである。

清家竜介 (せいけ・りゅうすけ)
(早稲田大学非常勤講師)
専攻:社会学、社会哲学、社会的交換理論、コミュニケーション論、メディア論。
略歴:1970年生大分県まれ。早稲田大学大学院社会科学研究科地球社会論専攻博士課程満期退学。博士(学術)
著書:『現代思想入門 グローバル化時代の「思想地図」はこうなっている!』(共著、PHP研究所、2007年)、『批判的社会理論の現在(叢書アレテイア8)』(共著、御茶の水書房、2007年)、『歴史における「理論」と「現実」(叢書アレテイア10)』(共著、御茶の水書房、2008年)、『自由と規律(叢書アレテイア12)』(共著、御茶の水書房、2010年)
論文:「ジンメルと近代的自由」(第一回高田保馬奨励賞受賞、『経済社会学会年報』第25号、2003年)、「マルティン・ルターからワエル・ゴニムへ――グーテンベルク系の衰退とソーシャルメディアの登場」(『IT批評』VOL.2、2011年、発行者 眞人堂)ほか。


第11回 2011年11月29日

  【註記:11月の開催日は第4火曜日から第5火曜日に変更いたします。】

川元祥一著 『脱原発・再生文化論―類似の法則21』(2011年、御茶の水書房)

 福島原発事故から再生文化社会へ

 再生不能といわれる原子力エネルギーは人間の文明の側にありながら未だ文明とは言えない未完の文明というべきではないか。なぜなら、人間が作りながらも人間のコントロールの外にあるからだ。2011年3月11日東日本大地震と津波によって起こった福島第一原発の事故でも、私たちはテレビという文明装置を通して、ほとんどリアルタイムで、その未完成な様子を見せつけられた。人間にとっても自然にとっても猛毒であり、多大な害を与え、再生不能といわれる放射性物質が放出、拡散しているのを計量器で確認しながら、その故障個所を確認するために人が近づくことができず、修理することもできないのである。人間がそこに近づけば、人間以外の動物もそうであるが、数分で死んでしまうような放射線、放射能なのだ。そのような装置であり、機械であるのを日々刻々と見せつけられている。これは決して文明とは言えないし、こんなものが文明であってはならない。
 私は2011年3月30日Eメールによって発信した緊急メッセイジ「福島第一原発事故から再生文化社会へ――負の世界からの再生」(次節に転載)において、こうした未完の文明は人間によるコントロールが完成するまで専門家の研究室に閉じ込めておくべきと提言した。それを「再生文化社会」と呼ぶことにしている。それは核兵器を含めた原子力エネルギーだけでなく、地球環境の破壊につながる地球温暖化をもたらす二酸化炭素の発生を防ぐこと、化学物質による食物汚染、生態系の破壊を防止することなどを含めた地球規模での文化的基軸・思想としての提言である。そうした全体像をもちながら、直面する原発事故の、その未熟な〈文明〉性、目先だけの麻薬性を脱却することを当面の課題としながら、最終的には同じ意味をもつ自然破壊、地球環境破壊を脱却する文化的、思想的提言と考える。

川元祥一 (かわもと・よしかず)
(作家・ルポライター)
(伝統芸能研究・千町の会代表、千年紀文学会会員、変革のアソシエ「部落講座」講師)
略歴:1940年兵庫県生まれ。1965年明治大学文学部卒。
 日本の文化、特に周縁文化に関心をよせ、賤民史や部落文化・部落問題をテーマに、創作・研究・フィールドワークを続けてきた。最近は農・山・漁村・町・部落の労働と文化の歴史に可能性を見出し“文化再発見”として独自の調査・研究を続けている。
 歴史の中で非定着者と呼ばれた人たち(部落を含む)が農山漁村の文化を都市に運び、質的に変革した芸術文化などを創りだす。この芸術文化が農山漁村・部落に還流している。これらを総合することで、これまで語られなかった文化と、そこでの思想や新しい文化機軸が発見できる。現代的な意味でそれらの伝承と変革を考えている。
【主要著書】
小説: 『谷間の悠久』(解放出版社、1999年)、 『もう一つの現代――平安遷都千二百年、走る差別』(三一書房、1996年)
ルポルタージュ: 『旅芸人のフォークロア――門付芸「春駒」に日本文化の体系を読みとる』(「人間選書」、農村漁村文化協会、1998年)
児童文学: 『夜明けの人々 人権教育教材集1』、『春駒 人権教育教材集2』(以上、明治図書出版、2005年)、『山の粥――部落伝承十話』(1990年)、『渋染一揆 改訂版』(1988年) (以上、解放出版社)
評論: 『部落差別の謎を解く――キヨメとケガレ』(「モナド新書」、にんげん出版、2009年)、『和人文化論――その機軸の発見』(御茶の水書房、2006年)、『部落差別を克服する思想――どうしてそこに部落があると思いますか?』(解放出版社、2001年)、『部落文化・文明――差別で失った価値群:この世界の全体像を誰も見ていなかった』(御茶の水書房、2010年)


第12回 2012年1月24日

米村健司著『丸山眞男と廣松渉――思想史における「事的世界観」の展開』(2011年、御茶の水書房)

 丸山眞男の政治思想史と廣松渉の哲学は「現代の人間世界における人間性の運命とは」を「問う」たのであった。他方で、マス・メディアによって描写されている日本社会の「自画像」は、人びとの「私心」なき相互扶助という「幻想」を再生産している。さらに一部の支配層は政治権力・経済構造への「問い」を従来のframework に縮減し、支配的権力の「所有」を正当化しようとしている。だからこそ惰性となった現実主義を「醒めた目」で捉える必要がある。つまり、丸山と廣松の両者のように「《鉄のように堅い殻》」の歴史内部で胎動する「弁証法的緊張」を把握しなくてはならない。二人が生涯を賭けた思想史と哲学の探究は、人間の歴史的現実に対する私たち自身の課題なのである。

米村健司 (よねむら・けんじ)
(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
専攻:教育学・思想史。
略歴:1966年北海道生まれ。早稲田大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。
著書・論文:『波・音・面――廣松渉哲学の射程とその教育論』(世界書院、2009年)、「海・陸・線――廣松哲学における「国の形」「民の姿」「生の学び」第1回」(『情況』2009年5月号、情況出版)、「先住アイヌ民族と『生活形式』としてのイオル」(伊藤誠・本山美彦編『危機からの脱出――変革への提言』、御茶の水書房、2010年)他。

 


第13回 2012年2月28日

及川淳子著 『現代中国の言論空間と政治文化――「李鋭ネットワーク」の形成と変容』 (2012年、御茶の水書房)

 現在、中国の言論空間は、自由化と規制化が拮抗する混沌とした状況にあるといえよう。特に、民主化をめぐる言論は厳しい統制のもとにあるが、大局的に見れば政治体制改革は必須であり、中国社会の変化や多様な論調を詳細に観察して議論する必要がある。本書は、中国共産党の改革派として知られる元毛沢東秘書の李鋭とそのネットワークに視点を定め、政治体制改革をめぐる言論空間の動態と、政治文化の諸様相を解明する試みである。

及川淳子 (おいかわ・じゅんこ)
(日本大学文理学部非常勤講師、法政大学客員学術研究員)
専門分野:現代中国の知識人・言論空間・政治文化研究
略歴:桜美林大学文学部中国語中国文学科卒業。桜美林大学大学院国際学研究科博士課程(前期)環太平洋地域文化専攻修了。修士(国際学)。慶應義塾大学通信教育部法学部卒業。2010年3月日本大学大学院総合社会情報研究科博士後期課程修了。博士(総合社会文化)。外務省在外公館専門調査員(在中国日本大使館)等。
著書・訳書:劉暁波『天安門事件から「〇八憲章」へ――中国民主化のための闘いと希望』(共訳著、藤原書店、2009年)、『中国ネット最前線――「情報統制」と「民主化」』(共著、蒼蒼社、2011年)、『劉暁波文集――最後の審判を生き延びて』(共訳、岩波書店、2011年)、『劉暁波と中国民主化のゆくえ』(共訳、花伝社、2011年)、『「私には敵はいない」の思想』(共訳著、藤原書店、2011年)他。


第14回 2012年3月27日

黒須純一郎著 『帝国海軍始末記 ― No More 貧国強兵』 (2012年、御茶の水書房)

 「日本的精神」の敗北:戦争の消耗品でしかなかった将兵たち。
時代が移って戦争体験者が減り、その記憶が失われていくのをいいことに、戦争の無残、内務班における私的制裁の愚劣さ、国民の耐乏生活の悲惨を意図的に無視・歪曲する試みも出てくる。しかし、太平洋戦争における日本の軍部独裁による学問、思想の自由の弾圧と近代合理性を欠いた精神主義の強制からする人命軽視によって、日本人だけで軍・民合わせて300万名以上、敵軍をはじめ、アジア諸国民にその幾層倍の犠牲者を出した惨禍は、いくら強調し確認してもしすぎることはない。(「はじめに」から)

黒須純一郎 (くろす・じゅんいちろう)
(明海大学経済学部教授、中央大学経済研究所客員研究員)
専攻:社会思想史、経済思想史
略歴:1947年東京生まれ。1970年中央大学経済学部卒業。1979年中央大学経済学研究科博士課程修了。経済学博士。1995年〜1996年ミラノ大学へ留学。
著書・論文:『社会思想史』(学文社、1984年)。『イタリア社会思想史』(御茶の水書房、1997年)。「マッツィーニの旅」(宮崎揚弘編『ヨーロッパ世界と旅』法政大学出版局、1997年、第4章所収)。「ロンドンのマッツィーニ」(宮崎揚弘編『続・ヨーロッパ世界と旅』法政大学出版局、2001年、第2章所収)。
「フランチェスコ・フェッラーラの経済的自由主義」(一橋大学社会科学古典資料センター、Study Series No. 49, 2003年)。「C・B・ベッカリーア」(坂本達哉編『経済思想B』日本経済評論社、2005年、第7章所収)。『日常生活の漱石』(中央大学出版部、2008年)。『中流階級の経済学』(北樹出版、2009年)。