講座案内
特別講座
原子力発電をめぐる現状と対応

労働講座
『資本論』を読む
現代哲学としての『エチカ』
欲望の政治
現代社会とトロツキー永続革命論
都市の精神史――ベンヤミンの視点に添いつつ
吉本隆明『心的現象論』を読む
共同幻想論と今
『政治の現象学あるいはアジテーターの遍歴史』を読む
部落講座 ― 星座の会
いのちの思想家・安藤昌益
日本の近現代史を考える
日本の「近代化」と天皇制
朗読講座
哲学思想カフェ
シリーズ『わが著書を語る』
乱鬼龍の川柳講座
安藤昌益原典講読会
■昌益研究史を辿る会
ジル・ドゥルーズ研究会
関西労働学校
ワーキングスクールアソシエ

■ジル・ドゥルーズ研究会
  ――ジル・ドゥルーズ『スピノザと表現の問題』を読む



横手 健

(全10回・第1木曜日、13時30分〜15時30分)[4月28日変則開始]

 本研究会では、ジル・ドゥルーズ『スピノザと表現の問題』を精読し、スピノザ主義者としての彼とともに、バルフ・スピノザの『エチカ』の思想内容を理解しようと努めます。この著作によって『エチカ』を読むことの意味は、『エチカ』が体系的な理論として読まれるだけでなく、その問題意識を私たちの受け取る知識のほうにではなく知識を受け取る私たちのほうに向け、そして『エチカ』を読むなかで感じられ思考されることによって、ものごとを別の意味でとらえさせることにあります。理論として受け取り、知識として所有することの対極にあるものが〈エチカ〉だとすれば、ドゥルーズのこの著作は〈エチカ〉についての書物といえます。
 昨年度までの五年間にわたって読み継いできたことを受けて、任意の参加者には各章ごとに内容を検討してもらい、研究会では精読のなかで再検討してゆく形で進行します。すでに第二部まで進行していますが、参加者はどこの章を検討するにあたっても『エチカ』のどの部分であれ立ち戻らなくてはならず、その点で新たな参加者に条件は同じです。どうぞお気軽にご参加ください。
 なお、『スピノザと表現の問題』は今年度で読了する予定なので、その後は、ドゥルーズによるスピノザ関連の論文を検討します。いずれも日本語で入手しやすい著作に所収のものですが、必要があれば参加者にはコピーして配布されます。

【テキスト】ジル・ドゥルーズ『スピノザと表現の問題』(工藤喜作他訳、法政大学出版局、1991年)、バルフ・スピノザ『エチカ――倫理学』(上・下二巻、畠中尚志訳、改版、岩波文庫、1975年)【参考資料】ジル・ドゥルーズ『スピノザ――実践哲学』(平凡社、2002年)、
ジル・ドゥルーズ『批評と臨床』(河出書房新社、2002年)

(2011年)
[1]( 4月28日[変則]) 18章 第三種の認識へ向かって 持続の意義
[2]( 6月 2日)  19章 至福 表現性と感情
[3]( 7月 7日)  結論 スピノザにおける表現の理論 一義性と内在性へ 
[4]( 9月 1日)  付録 二つの『エチカ』 哲学と非哲学
[5](10月 6日)  「スピノザと三つのエチカ」
[6] (11月 3日)  「道徳と生態の倫理の違いについて」
[7](12月 1日)  「悪についての手紙」

(2012年)
[8]( 2月 2日)   「スピノザの思想的発展について」
[9]( 3月 1日)   「『エチカ』主要概念集」より、〈観念〉
[10]( 4月 5日)   「『エチカ』主要概念集」より、〈力能〉


◎講師◎
横手健(よこて・たけし)

(塾講師)
論文:「プラトン『ゴルギアス』篇研究――弁論術の方法論を中心にして」(東京都立大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程1998年度修士論文、未刊行)