講座案内
『資本論』を読む
初期マルクスを読む
現代哲学としての『エチカ』
共同幻想論と今
吉本隆明『心的現象論』を読む
部落講座 ― 星座の会
いのちの思想家・安藤昌益
日本の近現代史を考える
日本の「近代化」と天皇制
アントニオ・ネグリの思想とオペライズモの歴史
移動する理論 ― ルカーチ『歴史と階級意識』を読む
谷川雁を読む
欲望の政治
労働講座
現代中国の言論空間
哲学思想カフェ
シリーズ『わが著書を語る』
ジル・ドゥルーズ研究会
ミシェル・フーコー研究会
昌益研究史を辿る会
 

■吉本隆明『心的現象論』を読む  


山本哲士

(全10回・第4木曜日、19時〜21時)[5月24日開講]

 吉本隆明の本質思想の原基である『心的現象論』「序説・本論」を徹底して精読する。カール・マルクスとジクムント・フロイトから疎外=表出される「心的」な閾は、環界と身体とから疎外された表出域である。近代の西欧思想総体を対象化し、未踏の雑感覚の閾へ突入した吉本の格闘的言説は、20世紀の世界線での最高峰のものといえる深みに在る。それは、あらゆる思考の基盤となるものであるだけでなく、<わたし>が現在および前古代といかに関与した心的表出にあるかをときあかす。関係論と了解論の<時空>を経ていくことで、いまここでの<わたし=世界>を自己領有しうる思想の質は、言語表出と幻想表出とからみながら、その「こころ」の感覚界を明示する。経済・政治・社会、そして、文化・歴史をめぐる思考の根元である。同時に、フロイトとジャック・ラカンの理論を踏まえつつ、読み進めたい。吉本はラカンを軽く扱っているが、ラカンによる考察は同時的に深い。両者に根底で通底するのは「現在」という構造の対象化である。
 今年度は、前年度に引き続き『心的現象論』「序説」「X 心的現象としての発語および失語」から解読を始める。

【テキスト】『改訂新版 心的現象論序説』(角川文庫、1982年)、『心的現象論本論』(文化科学高等研究院出版局、2008年)【参考文献】山本哲士『吉本隆明の思想』(三交社、2008年)。特に、ジャック・ラカン『精神分析の倫理(上)(下)』(ジャック=アラン・ミレール編『セミネール』第7巻、小出浩之・鈴木國文・保科正章・菅原誠一訳、岩波書店、2002年)を参照する。他には、ジャック・ラカン“Le séminaire”『セミネール』(第1巻『フロイトの技法論』、第2巻『フロイト理論と精神分析技法における自我』、第3巻『精神病』、第4巻『対象関係』、第5巻『無意識の形成物』、第11巻『精神分析の四基本概念』の日本語訳は刊行済で、現在、他の巻が翻訳刊行中である。)を適宜参照する。

(2012年)
[1] (5月24日)
[2](6月28日)
[3](7月26日)
[4](9月27日)
[5](10月25日)
[6] (11月22日)
[7](12月27日)

(2013年)
[8](1月24日)
[9](2月28日)
[10](3月28日)


◎講師◎
山本哲士(やまもと・てつじ)

(文化科学高等研究院ジェネラル・ディレクター)

専攻:政治社会学、ホスピタリティ環境学
略歴:1948年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程修了(教育学博士)。1975年、イバン・イリイチが主宰したメキシコのCIDOCへ遊学。1988年「文化科学高等研究院EHESC」を設立、2001年「スイス・ジュネーブ国際学術財団F・EHESC」として登記、ジェネラル・ディレクターをつとめ、現在にいたる。2005年「国際ホスピタリティ研究センター」を設立。元信州大学教授、元東京藝術大学客員教授。
著書:『物象化論と資本パワー』(2012年)、『哲学する日本』(2011年)、『イバン・イリイチ――文明を超える希望の思想』(2009年)、『ミシェル・フーコーの思考体系』(2009年)、『ホスピタリティ原論――哲学と経済の新設計』(2008年)(以上、文化科学高等研究院出版局)、『増補版 ピエール・ブルデューの世界』(三交社、2007年)、『現代思想の方法――構造主義=マルクス主義を超えて』(ちくま学芸文庫、1997年)ほか