講座案内
『資本論』を読む
初期マルクスを読む
現代哲学としての『エチカ』
共同幻想論と今
吉本隆明『心的現象論』を読む
部落講座 ― 星座の会
いのちの思想家・安藤昌益
日本の近現代史を考える
日本の「近代化」と天皇制
アントニオ・ネグリの思想とオペライズモの歴史
移動する理論 ― ルカーチ『歴史と階級意識』を読む
谷川雁を読む
欲望の政治
労働講座
現代中国の言論空間
哲学思想カフェ
シリーズ『わが著書を語る』
ジル・ドゥルーズ研究会
ミシェル・フーコー研究会
昌益研究史を辿る会
 

■いのちの思想家・安藤昌益
  ―自然の世へ向けて 


石渡博明

(全10回・第4水曜日 19時〜21時)[5月23日開講]

 「忘れられた思想家」安藤昌益は、戦前は一部でその実在さえもが疑問視されたほど、伝記的事実が不明な「幻の思想家」であった。それが戦後、主として在野の研究者による関連資料の発掘により、今では大筋ながらもその生涯がほぼ辿れるようになってきた。生業である医学関係資料の発掘・分析と農文協版『安藤昌益全集』の解読というこの間の研究の進展により、時代を超えた社会批判・伝統イデオロギー批判といったものが、単なる封建制度の批判に止まらず、壮大な宇宙生命誌とでも言うべき「いのち」の尊厳への畏敬とそれに基づく新たな生命観、新たな世界観の創造と不可分であることが判明してきた。そして現在では、カントの「永遠平和のために」と並ぶ世界史上の平和論の双璧といった高い評価や、現代平和学の定礎者、ヨハン・ガルトゥングの平和論(直接的暴力・構造的暴力・文化的暴力)との共通性が指摘され、21世紀にこそ再読され、再評価されるべき存在であることが確認されてきている。9・11という世界史上の大事件、3・11という未曾有の大事故を受けて、安藤昌益の生命観、昌益が依拠した伝統農民の世界観、農‐食‐医を基軸とした平和で平等な「自然世」へ向けた世直しの意味を考えてみたい。

[テキスト:安藤昌益研究会編著『安藤昌益全集』、石渡博明著『安藤昌益の世界』]

(2012年)
[1](5月23日) オリエンテーション(人物紹介・研究史)
[2](6月27日) 時代背景と近世思想史(昌益思想の位置づけ)
[3](7月25日) 主要著作と基本用語(原典講読へ向けて)
[4](9月26日) 伝統思想(仏教・儒教・神道)批判(解説と原典講読)
[5](10月24日) 伝統思想(医学・自然哲学)批判 ( 同上 )
[6](11月28日) 江戸期の地理観・歴史観と安藤昌益( 同上 )
[7](12月26日) 江戸期の人間観と安藤昌益 ( 同上 )

(2013年)
[8](1月23日) 安藤昌益の社会観 ( 同上 )
[9](2月27日) 安藤昌益の自然哲学 ( 同上 )
[10](3月27日) 安藤昌益の世直し論 ( 同上 )


◎講師◎
石渡博明(いしわた・ひろあき)

(安藤昌益の会事務局長)

略歴:1947年生まれ。経済協力団体に勤務し労働組合運動の傍ら、1975年から、寺小屋教室「安藤昌益講座」(講師:寺尾五郎)に参加して安藤昌益の研究を行う。農山漁村文化協会版『安藤昌益全集』の編集・執筆に携わり、全集完成を機に結成された安藤昌益研究の全国ネットワーク「安藤昌益の会」事務局長に就任し現在に至る。
共編著:『安藤昌益全集』農山漁村文化協会1982年〜1987年)、『甦る!安藤昌益』(社会評論社、1988年)、『日本アンソロジー 安藤昌益』(光芒社、2002年)
編著:『民の理』(社会評論社、1990年)、『昌益研究かけある記』(社会評論社、2003年)、『安藤昌益―人と思想と千住宿』(安藤昌益と千住宿の関係を調べる会、2004年)、『安藤昌益の世界』(草思社、2007年)