講座案内
『資本論』を読む
初期マルクスを読む
現代哲学としての『エチカ』
共同幻想論と今
吉本隆明『心的現象論』を読む
部落講座 ― 星座の会
いのちの思想家・安藤昌益
日本の近現代史を考える
日本の「近代化」と天皇制
アントニオ・ネグリの思想とオペライズモの歴史
移動する理論 ― ルカーチ『歴史と階級意識』を読む
谷川雁を読む
欲望の政治
労働講座
現代中国の言論空間
哲学思想カフェ
シリーズ『わが著書を語る』
ジル・ドゥルーズ研究会
ミシェル・フーコー研究会
昌益研究史を辿る会
 

■移動する理論
   ―ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


西角純志

(全10回・第3水曜日、19時〜21時)[5月16日開講]

 戦後日本においてジェルジ・ルカーチの思想が決定的な役割を演じたのは1969年に刊行された長崎浩の『叛乱論』である。長崎のいう「叛乱」は、全共闘運動における単なる学生の反乱を意味するものではない。それは、暴動、デモ、蜂起、民族紛争、ひいては、パレスチナにおけるインティファーダーなどを包摂するカテゴリーである。9・11からアラブ革命へと至る動向、あるいは、3・11東日本大震災に始まる「脱原発の運動」も「大衆の叛乱」というカテゴリーで捉えることができる。
 「大衆の叛乱」とは無定形な「異化のエネルギー」であり、いわば、プロレタリアート大衆の欲望の産出である。プロレタリアート大衆の欲望の産出とは、自然発生的に産出される構成的な力である。そして、この「自然力」こそが、プロレタリアート大衆の階級意識を構成するのである。それは大衆蜂起がもっている「暴力的な破壊力」でもある。ローザ・ルクセンブルクでいえば「大衆ストライキ」であり、ヴァルター・ベンヤミンの『暴力批判論』における「プロレタリア的ゼネスト」である。それはマックス・ウェーバーの「宗教社会学」における「行為への実践的起動力」(=カリスマ・エートス)にも通じている。
 そして今日、「大衆の叛乱」という概念を「構成的権力」の概念(例えば、アントニオ・ネグリなどのマルクス派の権力論)と接合することによって、1919年のハンガリー革命、そして1921年の中部ドイツにおける「3月行動」の敗北の総括ともいえる『歴史と階級意識』を「構成的権力論」として解読=再解釈する。
 本講座では、以上の問題関心を基にルカーチの『歴史と階級意識』をテキストに即して精読しつつ解読する。なお、時折、ゲスト・スピーカを招くことも検討している。

[テキスト:ジェルジ・ルカーチ著『歴史と階級意識』(城塚登・古田光訳、白水社イデー選書、1991年)、関連し附随するテキストについては別途通知し、購入など入手が困難なものは作成して、実費で販売する。]

(2012年)  
[1] (5月16日)             
[2](6月20日)
[3](7月11日[変則]) 
[4](9月19日) 
[5](10月17日)
[6](11月21日)
[7](12月19日)

(2013年)
[8](1月16日)
[9](2月20日)
[10](3月20日)


◎講師◎
西角純志(にしかど・じゅんじ)

(専修大学経済学部兼任講師)

専攻:社会思想史、社会学 
略歴:中央大学経済学部卒業。東海大学大学院文学研究科(文明研究専攻)博士課程単位取得退学。ドイツ・ベルリン・フンボルト大学留学。ハンガリー科学アカデミー・ルカーチ文書館にて研究滞在。元チェコ・ブルノ・マサリク大学客員研究員。

著書・論文:『移動する理論――ルカーチの思想』(御茶の水書房、2011年)、『批評理論と社会理論2――クリティケー(叢書アレテイア14)』(共著、御茶の水書房、2011年)、『マルクスから見たロシア、ロシアから見たマルクス』(共著、五月書房、2007年)ほか。