講座案内
『資本論』を読む
初期マルクスを読む
現代哲学としての『エチカ』
共同幻想論と今
吉本隆明『心的現象論』を読む
部落講座 ― 星座の会
いのちの思想家・安藤昌益
日本の近現代史を考える
日本の「近代化」と天皇制
アントニオ・ネグリの思想とオペライズモの歴史
移動する理論 ― ルカーチ『歴史と階級意識』を読む
谷川雁を読む
欲望の政治
労働講座
現代中国の言論空間
哲学思想カフェ
シリーズ『わが著書を語る』
ジル・ドゥルーズ研究会
ミシェル・フーコー研究会
昌益研究史を辿る会
 

労働講座
 ー反失業労働運動の戦略・政策を考える


仲村実◎加藤一◎柳充 ほか

(全7回・第4土曜日、18時〜20時)[5月26日開講]

 昨年度(2011年度)の労働講座では、現代日本における「反失業闘争の現状と方向」について学びました。現在、大変多くの失業者を生み出していますが、失業と同時に住まいを失いホームレス化していくなど、住居や年金などの問題と合わせ、日本の社会保障制度が崩壊し、生存権を保証した新たな制度を作り出していくことが問われています。しかし、日本政府の雇用政策はホームレスに対しても「就職自立」を優先させるなど、失業者に対しては「生活保障」ではなく「福祉」から「労働」へというように、ここでも市場原理の導入、失業は自己責任として個人の問題とされています。失業を個人の問題としてではなく社会的性格の問題として捉え返す作業や、「労働」問題について資本制的生産の根本的批判の立場から捉え返し再考する作業などを通じて、反失業闘争の戦略・政策を引き続き検討していきます。
 今年度は、カール・マルクスの『賃労働と資本』を学習しつつ「労働」の在り方に関する議論に集中して深めていきます。

(2012年)
[1]( 5月26日) 
[2]( 6月23日) 
[3]( 9月29日[変則]) 
[4](10月27日) 
[5](11月24日) 

(2013年)
[6]( 1月26日) 
[7]( 2月23日) 


◎講師◎
仲村 実(なかむら・みのる)
(NPO非正規労働者のための協働センター代表、管理職ユニオン・関西)

加藤 一(かとう・はじめ)
(三多摩自由労働者組合)

柳  充(なかむら・みのる)
(連帯労組関西地区生コン支部副委員長)(予定) ほか