■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

■『資本論』を読む


吉村 信之

(全10回・第3金曜日、19時〜21時)[5月19日開講]

 マルクスの『資本論』は、巨大な古典です。19世紀の1867年に第1部初版が刊行されて以来、この書物に盛られた内容は、幾千万の人々に大きな影響を与えてきました。ロシア革命をはじめとする20世紀前半以降のさまざまな社会主義革命の動き、あるいはこれに側圧を受けながら形成されてきたケインズ型福祉国家に見られる資本主義経済の変容は、それらへの反動として1980年代以降世界経済を覆ってきた新自由主義の傾向をも含めて、すべて『資本論』の出現から生み出されたといっても過言ではありません。たった一つの書物が、多くの人々を励ましあるいは恐れさせることを通じて、文字通りその後の世界史を創り上げてきたという例は、聖書やコーランといった宗教的・集団的著作を除けば、『資本論』を除いてほかに存在しないといっていいいでしょう。
 この講座では、『資本論』から、現代の資本主義経済を分析する際の基礎となる原理的な経済のメカニズムを学んでいきたいと思います。これまで本講座を担当されてきた伊藤誠氏と小幡道昭氏の両講師を引き継いで、初学者の方にも分かりやすく質問しやすい講座にしていくつもりです。今年度(2017年度)の計画として、まずは、昨年度までの講座内容(『資本論』第1部第4篇「相対的剰余価値の生産」第13章「機械と大工業」まで)のおさらいから始め、その後第1部から第2部・第3部の内容へと本格的に入っていくことを予定しています。今年度から、または途中からの参加も歓迎します。一緒に考えることを通じて、資本主義とは何か、現代社会はどのような構造となっているのかという疑問に、自分なりの解答が得られることを目指します。

【テキスト】カール・マルクス『資本論』(岡崎次郎訳、国民文庫版、第1〜8分冊)、その他邦訳は、新日本出版社(新書)・岩波文庫などにもあります。どれでも構いません。
【参考文献】伊藤誠『「資本論」を読む』(講談社学術文庫、2006年)、小幡道昭「銀座経済学研究所」:http://gken.sakura.ne.jp/gken/『資本論』第1巻を読む/。その他、講座のときにご紹介します。

 (2017年)
[1]( 5月19日)
[2]( 6月16日)
[3]( 7月21日)
[4]( 9月15日)
[5](10月20日)
[6](11月17日)
[7](12月15日)

 (2018)
[8]( 1月19日)
[9]( 2月16日)
[10]( 3月16日)


◎講師◎
吉村 信之(よしむら・のぶゆき) 

(信州大学准教授)

専攻:理論経済学
論文:「信用論・信用恐慌論の研究潮流」[守健二編『恐慌論の論点と分析』(創風社、2014年)所収]、「資本主義経済の歴史的展開――戦間期までの概観」[SGCIME篇『現代経済の解読――グローバル資本主義と日本経済 増補新版』(御茶の水書房、2013年)所収]、「転形問題における単一体系解釈」(『信州大学経済学論集』第62巻、2011年)、「貨幣取扱業務の再検討――信用と恐慌をめぐって」(『季刊経済理論』第41巻第4号、2005年)、「世界貨幣と国際通貨――『ドル本位制』の歴史的位相」[SGCIME篇『金融システムの変容と危機』(御茶の水書、2004年)所収]、「為替と恐慌」[小幡道昭編『貨幣・信用論の新展開』(社会評論社、1999年)所収]、ほか。