■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

 

■信用貨幣論

  ――貨幣と市場をめぐる構想


結城 剛志

(全9回・第2木曜日、19時〜21時)[5月11日開講]

 ソ連型社会主義の崩壊は社会主義構想の課題を白日の下にさらしたが、それによって資本主義の問題が解決されたわけではまったくない。むしろ、アベノミクスに代表されるように、資本主義に代替する選択肢が提示されない以上、財政金融政策を場当たり的に施行していくほかないという悲壮感さえ漂う。現代資本主義の危機を社会科学の危機が裏付けているといえよう。
 本講座では、これまでの社会科学のあり方を見つめ直す素材を提供したい。貨幣信用制度改革による市場社会主義や地域通貨を模索した社会主義諸派とマルクスとの論争史を回顧する。とくに信用貨幣論に着目した社会変革論は従来見落とされがちであった重要な理論的な問題であり、貨幣・信用論と社会構想とがいかに共鳴しうるのか議論していきたい。
 本講座は、拙著『労働証券論の歴史的位相』ならびにMyers. Monetary Proposals for Social Reform.を輪読しつつ精読する。

【テキスト】結城剛志『労働証券論の歴史的位相――貨幣と市場をめぐるヴィジョン』(日本評論社、2013年)、Myers, M. G. 1940. Monetary Proposals for Social Reform. Columbia University Press.(翻訳書を出版予定。出版が間に合わなければ全訳を配布する。)

 (2017年)
[1]( 5月11日)
[2]( 6月 8日)
[3]( 9月14日)
[4](10月12日)
[5](11月 9日)
[6](12月14日)

 (2018年)
[7]( 1月11日)
[8]( 2月 8日)
[9]( 3月 8日)


◎講師◎
結城 剛志(ゆうき・つよし) 

(埼玉大学大学院人文社会科学研究科准教授 )

著書・論文:『労働証券論の歴史的位相――貨幣と市場をめぐるヴィジョン』(日本評論社、2013年)、「C・エンダービーの計算貨幣論に関する試論」『自由経済研究』(第44号、2016年)、「『大胆な金融政策』からの脱却に向けて――アベノミクスの目的・手段・理論・倫理」『現代の理論』(デジタル版)(第5号、2015年)ほか