■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

■現代哲学としての『エチカ』

  ――ベネディクトゥス・デ・スピノザ『エチカ』を読む


江川 隆男

(全8回・第1木曜日、19時〜21時)[6月1日開講]

 本講座では、スピノザの『エチカ』を精読し、その思想内容を現代哲学として理解し、また展開したいと思っています。スピノザの哲学は長い間、忘れ去られていました。そして、その思想内容がようやく理解され始めたのは、20世紀後半になってからだと言えます。「倫理学」としか訳しようのない、この人類史上もっとも重要な哲学書が、なぜかくも無視され誤解され続けてきたのでしょうか。その理由の一つは、徹底した〈内在性の思考〉にあると言えるでしょう。いかにして〈内在平面〉を構成するのか。情緒ではなく情動を、意見ではなく概念を、所産的自然の唯物論ではなく能産的自然の唯物論を、モラルではなくエチカを、言葉の言語活動ではなく観念による思考活動を考えたいと思っています。
 本年度は、第五部の後半部分から読むことになります。おそらく今回で『エチカ』をすべて読み終えます。一回目に、『エチカ』の第五部までの簡単な解説をおこないます。『エチカ』は既に読みをえたところに何度も何度も立ち返らなければならない書物であり、その意味ではどこから参加されても条件は同じですので、どうぞお気軽にご参加ください。

【テキスト】スピノザ『エチカ』(上・下巻、畠中尚志訳、改版、岩波文庫、1975年)
【参考文献】ジル・ドゥルーズ『スピノザ――実践哲学』(鈴木雅大訳、平凡社、2002年)
[各自でご用意ください。]

 (2017年)
[1]( 6月 1日) スピノザの哲学
[2]( 7月 6日)精神と身体の並行論について(T)
[3]( 9月 7日)(U)
[4](10月 5日)(V)
[5](11月 2日)革命的形相としての外部性形式(T)
[6](12月 7日)(U)

 (2018年)
[7]( 2月 1日)新たな三角形――自己、神、物(T)
[8]( 4月 5日)スピノザの倫理学について


◎講師◎
江川 隆男(えがわ・たかお) 

(立教大学教授)

専攻:哲学
著書:『存在と差異――ドゥルーズの超越論的経験論』(知泉書館、2003年)、『死の哲学』(河出書房新社、2005年)、『超人の倫理――〈哲学すること入門〉』(河出書房新社、2013年)、『アンチ・モラリア――〈器官なき身体〉の哲学』(河出書房新社、2014年)
論文:「脱様相と無様相」(『現代思想』、青土社、2015年)、「ディアクラムと身体」(『ドゥルーズ・知覚・イメージ』、せりか書房、2015年)、「デヴィッド・リンチと様相なき世界」(『日本病跡学雑誌』、2015年)
翻訳:『初期ストア哲学における非物体的なものの理論』(ブレイエ著、訳、月曜社、2006年)、『ニーチェと哲学』(ドゥルーズ著、訳、河出文庫、2008年)、他。