■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

 

■フレドリック・ジェイムソン
  『アドルノ――後期マルクス主義と弁証法』を読む
 

  ――弁証法入門 III


野尻 英一

(全8回・第2土曜日、18時〜20時)[5月13日開講]

 本講座では、2015年度樫山欽四郎『哲学概説』、2016年度テオドール・W・アドルノ『否定弁証法講義』に続き、フレドリック・ジェイムソン『アドルノ――後期マルクス主義と弁証法』を読むことを通じて、「弁証法」の考え方の基礎とその現代的応用の手法を体得していくことを目標とする。
 弁証法とは、簡潔に言えば、近代性の構造そのもののことである。と同時に、そういう近代性の構造がまさにいま生み出されていることへの気づきでもある。この水準で弁証法を理解するとき、それは現代の社会を構成する近代性を相対化し、零度の位置から、その構造を把握し直す方法ともなる。アドルノはそのことに気づいていたが、その気づきを継承して、方法として具体化しようとしているのが現代のフレドリック・ジェイムソンである。それは否定性と呼ばれる人間精神の機能を未来や希望に向かう想像力として取り戻す試みである。
 「弁証法入門」として3年目に入る本講座では、現代の文化事象における想像力の作用を構造的に分析することで現代社会の構造を把握しようとするジェイムソンの「弁証法的批評」を検討していく。前年度からの継続を意識して、彼のアドルノ論である『アドルノ――後期マルクス主義と弁証法』を二年度かけて読解していく予定である。

【テキスト】フレドリック・ジェイムソン『アドルノ――後期マルクス主義と弁証法』(加藤雅之ほか訳、論創社、2013年)
【参考文献】フレドリック・ジェイムソン『政治的無意識――社会的象徴行為としての物語』(大橋洋一ほか訳、平凡社ライブラリー、2010年)

 (2017年)
[1]( 5月13日) 予備講義および『アドルノ』序論
[2]( 6月10日) 第1部1、2章
[3]( 7月 8日) 3、4章
[4]( 9月 9日) 5、6章
[5](10月14日) 7、8章
[6](11月11日) 9、10章

 (2018年) 
[7]( 1月13日) 11章   
[8]( 2月10日) 12章、第2部1章


◎講師◎
野尻 英一(のじり・えいいち) 

(自治医科大学准教授、早稲田大学講師 )

専攻:哲学

略歴:早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。早稲田大学助手、助教、フルブライト研究員(シカゴ大学客員研究員)などを経て現職。日本ヘーゲル学会研究奨励賞および社会理論学会研究奨励賞を受賞。
著書:『意識と生命――ヘーゲル『精神現象学』における有機体と「地」のエレメントをめぐる考察』(社会評論社、2010年)など。
翻訳:モイシェ・ポストン『時間・労働・支配――マルクス理論の新地平』(白井聡・野尻英一監訳、筑摩書房、2012年)、フレドリック・ジェイムソン『21世紀に、資本論をいかに読むべきか?』(作品社、2015年)など。