■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

 

■批評の言語

  ――吉本隆明『言語にとって美とはなにか』を読む


高橋 順一

(全9回・第4水曜日、19時〜21時)[5月24日開講]

 2016年度に引き続き、2017年度も吉本隆明の『言語にとって美とはなにか』を読み進めていきたいと思います。今年度は基本的に「U」「第Y章 内容と形式」の続きからになります。今年も吉本のテクストを自由に読みながら浮かび上がってくる問題を受講者の皆さんとのフリーな討論も交えながら考察していくつもりです。いよいよ今年度で全巻が終了すると思いますが、ともかく最後まで読み通すことを最優先に進めていきたいと思います。また皆さんとご一緒出来るのを楽しみにしております。

【テキスト】[吉本隆明『言語にとって美とはなにか』「T」「U」(角川ソフィア文庫、角川学芸出版)[他に、「初版」勁草書房、勁草書房版『全著作集』所収、角川文庫]。かならずテキストを各自ご用意ください。どの版でもかまいませんが、私自身は初版にあたる勁草書房版を使用します。]

 (2017年)
[1]( 5月24日)
[2]( 6月28日)
[3]( 7月26日)
[4]( 9月27日)
[5](10月25日)
[6](11月22日)

 (2018年)
[7]( 1月24日)
[8]( 2月28日)
[9]( 3月28日)


◎講師◎
高橋 順一(たかはし・じゅんいち) 

(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)

略歴:1950年宮城県生まれ。立教大学文学部ドイツ文学科卒業。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了。2010年4月から一年間ライプツィヒ大学東アジア研究所客員教授。
専攻:思想史
著書:『現代思想の境位』(エスエル出版会、1984年)、『始源のトポス――経験の現象学と象徴作用の解釈学』(エスエル出版会、1986年)、『越境する思考』(青弓社、1987年)、『市民社会の弁証法』(弘文堂、1988年)、『ヴァルター・ベンヤミン――近代の星座』(講談社現代新書、1991年)、『響きと思考のあいだ――リヒャルト・ヴァーグナーと十九世紀近代』(青弓社、1996年)、『ニーチェ事典』(共編著、弘文堂、1995年)、『戦争と暴力の系譜学――〈閉じられた国民=主体〉を超えるために』(実践社、2003年)、『ヴァルター・ベンヤミン解読――希望なき時代の希望の根源』(社会評論社、2010年)、『吉本隆明と親鸞』(社会評論社、2011年)、『吉本隆明と共同幻想』(社会評論社、2011年)ほか。
翻訳:ベンヤミン『パサージュ論』(全5巻、共訳、岩波現代文庫、2003年)、アドルノ『ヴァーグナー試論』(作品社、2012年)