■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

■哲学思想カフェ


(各回別、個別開講設定)

 「哲学思想カフェ」は次のような7つの交差=接合する試行=探究の場所=空間である。
 第1は、現代社会が生み出したさまざまな問題や課題を取り上げて、解決すべき問題や課題を構築する。
 第2は、シングルイッシューをめぐるラディカルな諸運動のなかから提起される重要な課題や問題を広い視野でとらえかえし、相互の脈絡をあきらかにし、共有する努力を行う。
 第3は、社会の希望の未来を生み出す知的・文化的なラディカルなイニシアテイブの形成および連帯を広げてゆく協働作業を行なう。
 第4は、世代間や男女間の協力を大切に、新しい思想や理論また実践を伸ばす。
 第5は、平等で公平な議論の原則を守りつつ自由闊達に議論し表現する。
 第6は、伸びやかで継続的な協働の仕事場=工房を創り出す。
 第7は、討論し学び、そして、知的・文化的なラディカルへと生成変化する。

 「哲学思想カフェ」が取り上げる問題や課題は、たとえば、次のようなものである。
(1)ソ連型社会主義(=国家社会主義)の総括的検討や中国の社会主義市場経済の実験をふまえ、新たな協同社会=共同社会の理論的構想を探究する。
(2)自由主義および新自由主義な統治の在り方の限界を克服した新たな協同社会=共同社会の統治の在り方を探究する。
(3)資本制的生産の保守と維持に協力的な労働組合運動に対する批判およびその批判に立脚した新たな労働者運動の形成と拡大への試みを行う。
(4)資本制的生産に対抗する生産・流通・消費の協同組合運動や《産業民主化の産業政策運動》を全産業に拡げていく。
(5)資本制的生産の総過程が生み出す諸問題を見出してそれらに解決を与えるために思想的・理論的・実践的に試みる。
(6)地球環境問題や格差・貧困問題などの重要な課題や問題の解決へ向けた思想的・理論的・実践的に挑戦する。
(7)あるひとの自由な発展が他の人びとの自由な発展の条件となるような協同社会(アソシエーション=コミュニズム)の構築へ向けて思想的・理論的・実践的に試行=探究する。
(8)政治・社会・経済が生み出す諸問題に対して流布されているさまざまな一般常識や通念的思考を批判的に検証し、妥当な常識や考え方を造り出す。
(9)日本に蓄積されてきたラディカルな思想と理論を継承し発展させる。
(10)社会科学と社会思想、経済学と歴史学、人文科学と自然科学、既成の学問的諸分野と女性学などの新しい学問的分野、それらと文学・評論・社会諸運動などの異なる領域の研究・経験を集積し交流を行う。
(11)マルクス派の成長と発展のために思想的・理論的・実践的な諸問題の解決を模索する。
(12)マルクス派と非マルクス派のラディカルなアプローチとの思想的・理論的・実践的な交流を行う。

 「哲学思想カフェ」はこのような試行と探究の活動を表現するため、あらかじめ年度を通して全体のテーマや講師を設定するのではなく、アドホックに個別のテーマや問題を選定し、そして、担当の講師を決めていく講座運営の方式を採用する。従って、個別のテーマと講師が決まり次第、また、開講日と時間が確定次第、変革のアソシエホームページ「講座案内」および電子メールや印刷チラシなどにて通知し宣伝広報を行う。

(2017年)
5月26日(金曜日) 19時〜21時  
「相互贈与の条件――これからの福祉のために」深田耕一郎
 【趣旨】自立生活に介助者としてかかわった経験をもとに『福祉と贈与――全身性障害者・新田勲と介護者たち』という本を書かせてもらいました。この本では「福祉を贈与として立ち上げることは可能か」という問いを立て、資本主義の市場交換だけによらない、贈与としての福祉の可能性を考えました。新田勲氏の福祉思想に刺激されて、相互贈与という概念を提起しています。これからの福祉を考える手がかりとして、この相互贈与がなりたつ条件について議論したいと思います。


7月29日(土曜日) 14時〜18時  
「ニヒリズム的批判哲学について」 江川隆男
 ここでは、ニーチェの哲学の観点から現代の人間の存在と本質とを改めて考えてみたい。とりわけニヒリズムと批判哲学との関係を主題としてこの問題に切り込んでいくつもりである。現在の世界の動向、あるいは現代の人間の志向性を理解するには、実はニヒリズムの観点はますます重要になってきている。否定性の優位という人間精神に固有の病はどこから発生したのか、怨恨、疚しい良心、理想主義はいかに社会や歴史を形成し、またそのなかで機能してきたのか、等々。人間にとって哲学とは何かという問いとともに考えたい。
【テキスト】ジル・ドゥルーズ『ニーチェと哲学』(江川隆男訳、河出書房新社、2008年)


◎講師◎
深田耕一郎(ふかだ・こういちろう)
(女子栄養大学専任講師、福祉社会学専攻)
著書:『福祉と贈与――全身性障害者・新田勲と介護者たち』(生活書院、2013年) 

江川 隆男(えがわ・たかお)
(立教大学教授、哲学専攻)