■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

【特別講座】【資本主義経済の基礎と現代

■宇野弘蔵『経済原論』と現代世界

  


伊藤 誠

(全9回・第1水曜日、19時〜21時)[5月17日変則開講]

 新自由主義的グローバル資本主義は、市場経済にもとづく資本主義が、われわれの経済生活にもたらす格差、抑圧、矛盾の基本原理にあらためて知的関心を世界的に回帰させている。
 この関心にそって、本講座は、現代世界の深い多重危機とその根源的にかかわるところとして、資本主義市場経済の原理をともに再考する観点にたち、宇野弘蔵の名著『経済原論』をテキストに輪読し検討をすすめる。
 テキストは、日本が社会科学の領域で世界に誇れる宇野理論の基礎を、宇野自身が大学での講義をもとに集約的に述べたもので、初学者や一般読者向きの簡明さもそなえている。マルクスの大著『資本論』への最良の手引き書でもある。同時に、マルクス経済学への根本的問題提起をいまなお喚起し続けている著作でもある。
 初学者や今年からの参加者も歓迎し、テキストのみにこだわらない議論、質問、討論も大切に、現代社会の基礎をごいっしょに考え、未来への変革の可能性もともに話しあえる講座にしたい。

【テキスト】宇野弘蔵『経済原論』(岩波文庫、岩波書店、2016年)

 (2017年)
[1] ( 5月17日[変則]) 分配論の課題と生産価格(第3編第1章第1節)
[2]( 6月 7日)市場価格と市場生産価格(第1章第2節)
[3]( 9月 6日)生産力の増進と利潤率の動態(第1章第3節)
[4](10月 4日)資本と土地所有、差額地代の原理(第2章前半)
[5](11月 1日)資本と土地所有、絶対地代(第2章後半)
[6](12月 6日)信用制度と利子(第3章第1節)

 (2018年)
[7]( 1月10日[変則])商業資本と商業利潤(第3章第2節)
[8] ( 2月 7日)資本の物神化と資本主義社会の階級性(第3章、第3、4節)
[9] ( 3月14日[変則])宇野理論の方法と現代世界(「解説」) 
予備日( 4月 4日)


◎講師◎
伊藤 誠(いとう・まこと) 

(変革のアソシエ共同代表、経済学者 )

専攻:理論経済学
著書:『伊藤誠著作集』(全6巻、社会評論社、2009-2012年)、『資本論を読む』(講談社学術文庫、2006年)、『サブプライムから世界恐慌へ』(青土社、2009年)、『幻滅の資本主義』(大月書店、2006年)、『市場経済と社会主義』(平凡社、1995年)、『資本主義経済の理論』(岩波書店、1989年)、『日本経済はなぜ衰退したのか』(平凡社新書、2013年)、『経済学からなにを学ぶか』(平凡社新書、2015年)、『マルクス経済学の方法と現代世界』(桜井書店、2016年)、『資本主義の限界とオルタナティブ』(岩波書店、2017年)、他。