■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

【特別講座】 【経済学方法論】

■カール・マルクスの自然哲学

  ――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の
     差異』を読む


内田 弘

(全9回・第4木曜日、19時〜21時)[5月25日開講]

 カール・マルクスの学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』(以下、「差異論文」と省略)についてはこれまで、若干の例外を除いて、ほとんど本格的な研究がありませんでした。その理由は、既成のマルクス経済学・唯物史観を中心とするマルクス像を前提にして「差異論文」を読もうとしてきたので、「差異論文」が何を問題にしているのかかが全くわからなかったからです。
 では「差異論文」の主題は何でしょうか。「差異論文」の主題は、[1]マルクスはデモクリトスやエピクロスの自然哲学を天動説から地動説へのいわゆる「コペルニクス的転回」に位置づけなおし、それを単に天文学史上の問題ではなく、社会認識の問題へと変換し論じていること、[2]語法「コペルニクス的転回」はカント『純粋理性批判』に起源します。その『純粋理性批判』をさらに社会認識にまで発展させるために、『純粋理性批判』の主題である「仮象」理解や、「アンチノミー批判」を社会的場面で批判=再定義すること、[3]その[1][2]の問題を展開すると、如何なる社会認識の構造が立ち上がってくるのか、それを明確に定式化すること、です。[1]マルクスの天文学史としての「差異論文」の固有の意味・[2]カント『純粋理性批判』の批判・[3]既存の社会認識の転回、この三点です。この三点は『資本論』まで持続する観点です。『資本論』では、エピクロスの原子論や天文学史を言及しています。これらの問題像は、いまなおスターリン主義的なマルクス像に深部で呪縛されている既存のマルクス像からは全く見えない「マルクスの思想的原像」です。
 今年2017年は『資本論』第1部初版刊行の1867年から150年経過した「『資本論』150周年」です。その意義は、そもそもマルクスは如何なる問題意識をいだき、如何にそれを解いたのか、その真実を発見することによって、はじめて意味をもちます。現存してきた社会主義国の歴史と現状を省みることなく、ただ既成のマルクス像を強調することは、大きなすれ違いでしょう。是非、「差異論文」という『資本論』を生んだマルクスの問題意識そのものを理解することで、その150周年を記念しようではありませんか。講座の説明は、レジュメを配布し、板書も活用し、平明に行います。

【テキスト】『マルクス・エンゲルス全集』(大月書店、第40巻)
【参考文献】内田弘「『資本論』の自然哲学的基礎」(『専修経済学論集』通巻111号、2012年3月)、「『資本論』と『純粋理性批判』」(専修大学社会科学研究所『社会科学年報』第50号、2016年3月)

 (2017年)
[1]( 5月25日) 
[2]( 6月22日) 
[3]( 7月27日) 
[4]( 9月28日)
[5](10月26日)
[6](11月23日)

 (2018年)
[7]( 1月25日) 
[8]( 2月22日)
[9]( 3月22日)


◎講師◎
内田 弘(うちだ・ひろし)

:1939年、群馬県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。専修大学教授。
横浜国立大学在学中には、長洲一二ゼミナールと演劇研究部に所属した。ゼミでは『資本論』と現代資本主義を論じ、演劇部では脚本(戯曲)の読み方と「表現」とは何かを学んだ。ゼミと演劇部の活動で、単語・文章・パラグラフ・節・章・編・部のそれぞれの間の多元的有機的な意味関連(コンテキスト)を読み取ることを学んだ。この経験は、新著『《資本論》のシンメトリー』で、『資本論』の概念展開を規定する深部の「文法」を探求するさいに、大きな力になった。論文の構成(論証順序・例証・挿話)と演劇・映画のドラマツルギーには共通性がある。核心を一瞬につかむ直観と細部感覚の協働が、論文執筆・演技・工芸など、何事にも重要である。
著書:『資本論と現代』(三一書房、1970年)、『経済学批判要綱の研究』(新評論、1982年)、『中期マルクスの経済学批判』(有斐閣、1985年)、Marx’s Grundrisse and Hegel’s Logic, Routledge 1988、『自由時間』(有斐閣、1999年)、『三木清――個性者の構想力』(御茶の水書房、2004年)、『啄木と秋瑾』(社会評論社、2010年)、『[新版]《政治経済学批判大綱》の研究』(韓立新監訳、王青・李平・李海春共訳、北京師範大学出版社、2011年)。内田弘『『資本論』のシンメトリー』(社会評論社、2015年)
編書:『三木清エッセンス』(こぶし書房、2000年)、Marx for the 21 st Century, Routledge 2006、『三木清 東亜協同体論集』(こぶし書房、2007年)。