■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

【特別講座】 【部落共同体論】

■部落共同体形成期の諸課題

 


川元 祥一◎高良 留美子(星座の会)

(全7回・第1金曜日、19時〜21時)[6月2日開講]

 月刊誌『部落解放』に連載中の「部落共同体論」は、秀吉の「兵農分離」につづく商・農・職人分離の中で、職人のひとつとして「皮田」が一村独立して出来た。この「皮田」は秀吉の検地で全国統一名とされたもので、その前は様々な呼ばれ方をした。したがって「皮田」以前の課題として誰が「皮田」と呼ばれるようになったか――実は皮革生産者だけではなかったため――疑問が残る。今の部落史ではその一部が解明されただけで全体像が不明である。本論はこの課題に新しい史料を示しながら進める。
本論は、そうした部落共同体形成期に絞って、だれが何故<被差別者>になったかを究明する。
 全体は三部構成で、第一部は部落共同体を構成再生産する基本的職業を規定する。進行中。
 第二部は、それらの職業がなぜ差別されるようになるかを究明する。最大の課題は、従来言われた「政治起源説」か、最近言われる「大衆起源説」かである。現実的に、部落差別は大衆が行っている。そうであるなら、大衆はなぜ、いつから部落差別するようになったか、この課題が解明されなくてはならない。古代の律令制身分差別と、近世以降の部落差別は違うのがわかっているのだから。
 第三部は、第一部で規定した基本的職業――皮革生産・警察業務の現場・神社仏閣のキヨメ――を担う人の歴史として、古代はその仕事を誰がしたか。差別されるようになって、なぜその職業をつづけたか、である。
本年度講座は、日本人大衆はなぜ部落差別を行い、維持するのか、この疑問から始める。
  この課題が解明できれば、その解放論も成り立つのである。その解放論も展開し、多くの人と意見交換してまとめたい。

 (2017年)
[1]( 6月 2日)
[2]( 7月 7日)
[3]( 9月 1日)
[4](10月 6日)
[5](11月 3日)
[6](12月 1日)

 (2018年)
[7]( 2月 2日)


◎講師◎
川元 祥一(かわもと・よしかず)

(作家・評論家、部落問題研究)

高良 留美子(こうら・るみこ)

(詩人・評論家・作家)