■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

【特別講座】 【自律社会論】

■万人の複数の自律

  ――『サルトルとマルクス』を読む


北見 秀司

 (全9回・第2金曜日、19時〜21時)[5月12日開講]

 本講座は拙著『サルトルとマルクス』を精読して検討します。『サルトルとマルクス』(I、II)[二分冊]で扱っているのは主にサルトル哲学です。これを基本的には二つの観点から論じています。ひとつは「構造主義」・「ポスト構造主義」との関連で、もうひとつはマルクスおよびマルクス主義との関連で論じています。今年度は第二部(『サルトルとマルクス I』第二部第1章、『サルトルとマルクス II』第二部第2章)すなわちマルクスの疎外-物象化-物神性論ならびに後期サルトルの哲学的主著『弁証法的理性批判』を扱った章を精読します。
 構造主義、ポスト構造主義との関連で言えば、サルトル哲学は、構造主義、ポスト構造主義によって「ヒューマニズム=人間中心主義」の哲学と見なされ、大いに批判されました。「人間中心主義」とは、人間(単数)を主体、世界を主体が作り上げた作品とみなす思想を意味します。つまり、人間=主体=意識(単数)が世界と自分自身の主人であり、世界の中心に君臨し、すべてをヘーゲルの絶対精神さながらひとつの主体に還元してしまう、そのような観念論的一元論ないし「同一性の論理」を意味します。このような解釈、というより偏見からサルトル弁証法を解放すること、サルトル弁証法においては意識の複数性は絶対的な乗りこえ不可能なものであること、サルトルが目指すのは「万人の複数の自律」であること、これらのことを本書で論じています。
 のみならず、後期サルトル哲学はポスト構造主義にとって未解決にとどまった問題、すなわち、民主主義を構築する「多」の関係とは何か、その推進力は何か、それを支える理性とは何か、という問題に回答を与えるものであることを論じています。たとえばフーコーは、「抵抗」と「権力」の理論的区別の困難に、つまり、どこから「抵抗」が「権力」に転化してしまうのか、その線引きに関する理論的困難に直面し、未解決のまま残していきました。同様の困難がデリダにもドゥルーズ=ガタリにもネグリ=ハートにも待ち受けていました。ところで、サルトルがソ連を前にして遭遇した問題はまさしくこれだった。なぜ解放のための革命が抑圧的な権力に転化したのか、これを解くべく『弁証法的理性批判』を執筆したのです。それゆえ後期サルトル哲学をポスト構造主義の更に後に来るものとして解釈する必要がある。そして「人間」「主体」「主権」「疎外」といったポスト構造主義が大いに批判し捨ててしまった観念が多くみられるが、それらはアルチュセールが批判する観念とは全く異なるものであり、むしろ彼らの限界を乗りこえるために必要な観念として考えられなければならない。およそこのようなことを論じています。
 また、マルクスおよびマルクス主義との関連では、サルトルの疎外論は、実は初期マルクスのそれよりも後期マルクスのそれに近いという見地に立ち、第二部第一章では、後期マルクスの疎外論すなわち『資本論』から読みとれる物象化=疎外論を論じました。そしてこの理論において残されている理性の問題がサルトルの『弁証法的理性批判』においてどう論じられているのか、これを明らかにしていきます。マルクスが目指した「自由な人々のアソシエーション」によってなる民主主義は単に経済決定論的には生まれない。経済不況が起こっても自動的に革命が起こるどころか極右の運動を引き起こすこともある。これこそまさしく現代世界でおこっていることです。しかしボリシェヴィキ型政治によって生まれるのでもない。いわば第三の道をサルトルは探っています。そこで重要になるのは新たな理性・新たな倫理の建設です。後者については、私はこれを「万人の複数の自律」の倫理と名づけましたが、社会の弁証法的把握に基づく倫理がなければ解放運動は抑圧の動きに転化するだろう。レーニンは社会主義のための経済的基盤について語りましたが、サルトルは実質的な民主主義の実現に必要な倫理的基盤について語ります。このような倫理がなかったためにソ連は抑圧的国家になったとサルトルは論じています。
 なおこうした視点は、社会歴史的必然性とは何を意味するか。これと自由との関係をどう考えるべきか、これらを踏まえて変革主体形成をどう考えるべきか、またそもそも唯物論とは何を意味するか、このような問題に対しても新たな光を投げかけます。
およそこのようなことを第二部では論じています。
 本講座は、受講者の主体的参加により進めたいと思っております。まず、各回の該当箇所について講義を行い、次に、受講者から、質問・意見・批判などをしていただき、講師がそれらに答えたり、皆で議論するなどして、講座を活気あるものにしていきたいと考えております。

【テキスト】北見秀司『サルトルとマルクス』(春風社、I 2010年、II 2011年)

 (2017年)
[1]( 5月12日)
[2]( 6月 9日)
[3]( 7月14日)
[4]( 9月 8日)
[5](10月13日)
[6](11月10日)
[7](12月 8日)

 (2018年)
[8]( 1月12日)
[9]( 3月 9日)


◎講師◎
北見 秀司(きたみ・しゅうじ) 

(津田塾大学教授)

専攻:哲学、社会思想史
著書・論文:「デリダとサルトル――脱構築の後、ヒューマニズムについて考える」齋藤・澤田・渡名喜・西山編『終わりなきデリダ:ハイデガー、サルトル、レヴィナスとの対話』(法政大学出版局、2016年)「サルトルとマルクス、あるいは、もうひとつの個人主義、もうひとつの自由のあり方——変革主体形成論の試み」澤田編『サルトル読本』(法政大学出版局、2015年)、「政治的エコロジーと『もうひとつのグローバリゼーション』——脱成長と〈居場所〉の創出のために」総合人間学会編『総合人間学9:〈居場所〉の喪失、これからの〈居場所〉——競争社会とその先へ』学文社、2015年)、「アタック・フランスのEU批判と代替案が示す『もうひとつの世界』の可能性」三宅・菊池編『近代世界システムと新自由主義グローバリズム——資本主義は持続可能か?』(作品社、2014年)など。