■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

【特別講座】 【労働者運動論】

■新しい労働運動の構想


大内秀明◎伊藤誠◎河村哲二◎鎌倉孝夫◎樋口兼次
◎嘉山将夫◎都筑建◎堀利和ほか

 (各回別、個別開講設定)

 非正規労働者が四割を超え、正規労働者の組織率も実質一桁に落ち込みながら、正規労働者による企業別組合が労働組合の顔をしてなおかつ翼賛化している日本の労働組合の現状、国境を越えて99%の労働者の貧困化をすすめる新自由主義とグローバリズム、さらには先進国労働運動に蔓延する排外主義への対抗軸としての「新しい労働運動の在り方」を構想します。
 講座の進め方としては、まず、全体の構想を共有化するために、シンポジウム的な研究会を行い、それを承けて、労働運動の現状と課題の報告を行い、「新しい労働運動在り方」のキイワードとなる「労働力の商品化の止揚」とそれによる「アソシエーションの形成」をメインテーマに、東北における「地域循環型社会構想、広瀬川流域スマートコミュニティ構想」をすすめる。
 「復興協同センター・仙台」とも提携しながら、そこに位置づけられるような労働運動を構想し、フィールドワークしながら実践的に研究会をすすめます。また、今年2017年に出版が予定される『自然エネルギーのソーシャルデザイン――スマートコミュニティの水系モデル』の出版にあわせて、東北の仙台で現地見学と交流会などを、同書の「第2章 自然エネルギー・スマートコミュニティ構想」における《(4)「社会的企業」と新たなビジネスモデル(5)雇用労働から協働労働へ「働き方」を考え直す(6)新たな「コミュニティ」共同体の創出》などをテーマに、企画したい。
 なお、各回のテーマおよび講師が決まり次第、A4版フライヤー、電子メール、変革のアソシエホームページなどで広報宣伝を行い周知します。

【テキスト】その都度、必要な資料を配布する。

 2016年度は、「1」と「3」を開催した。なお、「2」は、諸般の事情により、取り止めの取り扱いとした。

(2016年)
[1] 11月22日(火曜日) 18時〜20時
      労働運動の現状と労働社会の再建(小野寺忠昭[元東京地評オルグ])

[2] 12月26日(月曜日) 17時30分〜19時30分[変則]
      宮沢賢治と「産業組合」(大内秀明)

(2017年)
[3] 3月25日(土曜日) 18時〜20時 
      移民と労働運動(鳥井一平)

   <2017年度>
(2017年)
[1]  6月10日(土曜日) 14時〜17時
     嘉山将夫 「地域ユニオン運動の現状と挑戦」

[2]  6月26日(月曜日) 18時〜20時
     堀利和 (仮タイトル)「障害者が労働力商品を止揚したいわけ」


◎講師◎
大内秀明(おおうち・ひであき) (東北大学名誉教授、変革のアソシエ共同代表)
伊藤 誠(いとう・まこと) (東京大学名誉教授、変革のアソシエ共同代表)
鎌倉孝夫
(かまくら・たかお) (埼玉大学名誉教授)
河村哲二(かわむら・てつじ) (法政大学教授、変革のアソシエ共同代表)
樋口兼次(ひぐち・けんじ) (協同組合中小企業研究所)
嘉山将夫(かやま・まさお) (埼京ユニオン)
都筑 建(つづき・たけし) (NPO太陽光発電所ネットワーク)
堀 利和(ほり・としかず) (NPO共同連)

 関西地区からの講師、ほか
(以上、予定)

[問合せ・申込受付担当: 平山昇(変革のアソシエ運営委員会運営委員)
携帯電話:070−5551−0081]