■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

■ジェルジ・ルカーチ研究会

  ――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


西角 純志

 (全9回・第4水曜日、15時〜18時)[5月24日開始]

 エドワード・W・サイードによって概念化された「移動する理論」(Traveling Theory)とは、《思想と理論が人から人へ、ある場所から別の場所へ、ある時代から別の時代へ、ある情況から別の情況へと移動する》という思想と理論の振る舞い方である。すなわち、思想や理論が移動することによって転回して、思想や理論の力が衰退したり、強まったりするというのである。サイードによれば、ルシアン・ゴルドマンやレイモンド・ウィリアムズが、ルカーチの『歴史と階級意識』を受容した時には、1920年代の革命のアクチュアリティは既に喪失しており、アカデミックに要請された机上の理論に成り下がってしまうものであったが、テオドール・アドルノやフランツ・ファノンによる受容は、ルカーチの理論に内在していた反逆的傾向や越境性を再陳述するものであり、新たなる転回=移動を呼び起こすものであった。
 本研究会は、サイードの「移動する理論」という概念装置を用いて『歴史と階級意識』を「構成的権力論」として再解釈する試みを行っていく。今年度2017年度は、「第三章 階級意識」から始めていく。

【テキスト】ジェルジ・ルカーチ著『歴史と階級意識』(城塚登・古田光訳、白水社、1968年)

 (2017年)
[1]( 5月24日)
[2]( 6月28日)
[3]( 7月26日)
[4]( 9月27日)
[5](10月25日)
[6](11月22日)

 (2018年)
[7] ( 1月24日)
[8] ( 2月28日)
[9] ( 3月28日)


◎講師◎
西角 純志(にしかど・じゅんじ) 

(専修大学客員研究員)

専攻:表象文化論、思想史 
略歴:中央大学経済学部卒業。東海大学大学院文学研究科(文明研究専攻)博士課程単位取得退学。政治学博士(明治大学)。ドイツ・ベルリン・フンボルト大学留学。ハンガリー科学アカデミー・ルカーチ文書館にて研究滞在。元チェコ・ブルノ・マサリク大学客員研究員。
著書・論文:『移動する理論――ルカーチの思想』(御茶の水書房、2011年)、『批評理論と社会理論2――クリティケー(叢書アレテイア14)』(共著、御茶の水書房、2011年)、『マルクスから見たロシア、ロシアから見たマルクス』(共著、五月書房、2007年)、「ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』「ローザ・ルクセンブルク三部作」評註――《自然発生性と意識性》の転回=移動」『社会科学年報』(第47号、専修大学社会科学研究所、2013年)、「初期ルカーチ三部作再考――生と形式をめぐって」『アリーナ』(第16号、中部大学総合学術研究院、2013年)ほか