■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

■ジル・ドゥルーズ研究会

  ――江川隆男『アンチ・モラリア』を中心に


横手 健

(全8回・第1木曜日、13時30分〜15時30分)[6月1日開始]

 研究会では、ジル・ドゥルーズをめぐる国内外の研究者のスピノザ関連論文を精読し、スピノザ主義者としてのドゥルーズとともに、バルフ・スピノザの『エチカ』の思想内容を理解しようと努めます。彼らの著作とともに『エチカ』を読むにあたって、実践的な理解につとめます。つまり、『エチカ』が体系的な理論として読まれるだけでなく、その問題意識を私たちの受け取る知識のほうにではなく、知識を受け取る私たちのほうに向けなおして、読むただなかで『エチカ』が感じられ思考されるにつれて、ものごとを別の意味でとらえさせることを目指します。理論として受け取り、知識として所有することの対極にあるものとして〈エチカ〉をとらえるとき、ドゥルーズのスピノザ研究は、私たちにとっての〈エチカ〉にとって、その習作となるでしょう。
 今年も、一昨年度からの継続で、江川隆男の最新作にして主著といって過言でない『アンチ・モラリア』の諸章を精読して検討します。任意の参加者には、各論文のまとまった章ごとに内容を検討してもらい、研究会では精読のなかで再検討してゆく形で進行します。昨年度2016年度までの12年間は同じ仕方で『スピノザの表現の問題』や『スピノザ――実践の哲学』など扱い、2014年度から千葉雅也『動きすぎてはいけない』など国内の研究者に対象を移しています。参加者はどこの章を検討するにあたっても『エチカ』のどの部分であれ立ち戻らなくてはならず、その点で新たな参加者に条件は同じです。どうぞお気軽にご参加ください。

【テキスト】江川隆男『アンチ・モラリア――〈器官なき身体〉の哲学』(河出書房新社、2014年)、ベネディクトゥス・デ・スピノザ『エチカ――倫理学』(上・下巻、畠中尚志訳、改版、岩波文庫、1975年)
【参考文献】千葉雅也『動きすぎてはいけない ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(河出書房新社、2013年)ジル・ドゥルーズ『スピノザと表現の問題』(工藤喜作・小林康子・小谷晴勇訳、法政大学出版局、1991年)、ジル・ドゥルーズ『スピノザ――実践の哲学』(鈴木雅大訳、平凡社、2002年)、江川隆男「ディアグラムと身体――図表論的思考の系譜について」[宇野邦一編『ドゥルーズ・知覚・イメージ = Deleuze,perception,image : 映像生態学の生成』(せりか書房、2015年)所収]

 (2017年)
[1] ( 6月 1日)  江川隆男『アンチ・モラリア』第3章(1)
[2]( 7月 6日) (2)
[3]( 9月 7日) 第4章(1) 
[4](10月 5日) (2)
[5](11月 2日) 第5章(1)
[6](12月 7日) (2)

 (2018年)
[7]( 2月 1日) 第6章(1)
[8]( 4月 5日) (2) 


◎講師◎
横手 健(よこて・たけし) 

(塾講師・日本語教師 )

論文:「プラトン『ゴルギアス』篇研究――弁論術の方法論を中心にして」(東京都立大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程1998年度修士論文、未刊行)