■ 講座案内


 【特別講座】

■【資本主義経済の基礎と
現代】 
宇野弘蔵『経済原論』と
現代世界


■【経済学方法論】 
カール・マルクスの自然哲学
――学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』を読む


■【部落共同体論】 
部落共同体形成期の諸課題

■【自律社会論】 
万人の複数の自律――
『サルトルとマルクス』を読む

■【労働組合運動論】
労働運動講座
――『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 
1965〜2015』に学ぶ

■【労働者運動論】
新しい労働運動の構想

 【講 座】

■『資本論』を読む


■信用貨幣論
――貨幣と市場をめぐる構想

■現代哲学としての『エチカ』
――ベネディクトゥス・デ・
スピノザ『エチカ』を読む


■フレドリック・ジェイムソン
『アドルノ――後期マルクス
主義と弁証法』を読む
――弁証法入門 III

■批評の言語
――吉本隆明『言語にとって
美とはなにか』を読む

■哲学思想カフェ


 【研究会】

ジェルジ・ルカーチ研究会
――ジェルジ・ルカーチ『歴史と階級意識』を読む


□ジル・ドゥルーズ研究会
――江川隆男の『アンチ・
モラリア』を中心に


□労働運動研究会

 

 

■労働運動研究会


加藤 一 ほか

(全8回・第1土曜日、20時〜22時)[6月3日開始]

 今日、「非正規労働者」の割合が、全雇用労働者の約4割にも達して、富の偏在や、貧富の格差の拡大が極度に進行しています。このように、労働者の貧困化や多くの失業者の発生、また、職場での賃金問題、更には、いじめや過労死などの格差・貧困にかかわる問題が、大きな社会問題となっています。
 このような社会問題に対応するために、自由民主党・公明党の安倍連立政権は、「働き方改革実現会議」を設置して、また、総資本の利害を代表=代理する日本経済団体連合会に対して、非正規労働者の労働条件の改善を促す「同一労働同一賃金」の実現に向けて指針を示し、また、中小企業の賃上げなどを促しています。
 しかし、このような安倍連立政権の対応にもかかわらず、総資本の実態的な中枢をなす大企業は利益の内部留保を拡大することに積極的であり、労働者への利益の配分を行い、労働者の賃金を上昇させることには消極的です。また、圧倒的に多数の中小企業と大企業の下請け企業などへの利益の配分や、それらの企業の労働者や非正規労働者への利益の配分は極めて少額です。
 現在の日本労働者階級の貧困化が進行する状態に対して、日本の労働運動が有効に対応していない状態が継続して、日本の労働組合の組織率の低下は継続しています。日本の労働運動の根本的な対応が問われています。
 私たちは、このような情勢に対応していくために、「労働運動講座」に連続して、『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 1965〜2015』をより深く研究して、日本の労働運動の発展のための教訓を得て行きます。
 研究会では、現場で働く労働者が理解できるように、一文ごとに音読して読み、どのような事が書かれているのかの説明を行いながら、また、労働現場などでの事例をあげながら、一歩一歩進めて学んでいくようにします。

【テキスト】「関西地区生コン支部50年誌」編集委員会編『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡 共生・協同を求めて 1965〜2015』(発行=全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、発売=株式会社 社会評論社、2015年)
【参考文書】「60年史」編集委員会編『関西生コン産業60年の歩み 1953〜2013――大企業との対等取引をめざして 協同組合と労働組合の挑戦』(発行=一般社団法人 中小企業組合総合研究所、発売=株式会社 社会評論社、2013年)
[テキストと参考文書は「変革のアソシエ東京事務所」に在庫があり、必要な研究会参加者には、自己申告により、無料で用意します。]

 (2017年)
[1]( 6月3日) 
[2]( 7月1日) 
[3]( 9月2日) 
[4](10月7日) 
[5](11月4日)
[6](12月2日) 

 (2018年)
[7]( 2月3日) 
[8]( 3月3日) 


◎講師◎
加藤 一(かとう・はじめ) 

(三多摩自由労働者組合)

ほか